投資

Hawk Eye(ホークアイ)の自動売買システムは副業投資詐欺の噂が…⁉

今「VUCA」の時代と言われます。

Volatility(激動)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(不透明性)。

今までの当たり前の形が崩れ、先行きを予見することが難しい時代になってきたということ。

人は組織、伝統、我慢、根性が大切とされていた土の時代から、ものに縛られない生き方や型にはまらない柔軟性が必要な風の時代に変わったことも大きく、生活レベルから働き方、政治・経済の仕組みに至るまで、どんどん塗り替えられていきます。

働き方も副業が当たり前の時代に大きく変化したこともあって、以前よりも副業ビジネスや投資ビジネスに関する案件が一気に増えたことも事実。

ただ、副業や投資を始めたいが、幅広く種類があってどれを選べばいいかわからない…何から始めればいいのかわからないなどの相談、副業詐欺・投資詐欺に関する相談も非常に増えています

そこで、今まで怪しい副業詐欺に騙されてきた方や、被害を未然に防ぐため騙されない方法、見極め方をこのブログではご紹介しています

更には、ご希望があれば私が現在実践しているリアルな投資方法、副業案件の知識、ノウハウも当ブログで是非とも共有していただきたいと思っています。

個別でご相談対応を行っておりますので、何かあればお気軽にLINEからでもご相談やご意見、ご質問などいただければ幸いです。

初心者が悩むポイント。信憑性の高い・副業詐欺案件などの見極め方など、悩んでいらっしゃる皆様に今回調査した案件は

Hawk Eye(ホークアイ)というFX自動売買ツールです!

 

タクミ
タクミ
Hawk Eye(ホークアイ)は投資詐欺の噂が絶えない怪しい投資案件ですので、ご注意ください。

Hawk Eye(ホークアイ)は、負けない自動売買システムというコンセプトの元、先着50名限定で完全無料で公開と紹介しています。

Hawk Eye(ホークアイ)の実態を調査し、皆様の不安・モヤモヤを解消するお手伝いさせていただきますので、最後までご確認いただいてからご判断ください。

副業詐欺の真実!~タクミの検証オフレコ~

世の中に出回る副業案件、投資案件、ネットビジネスなど詐欺・怪しいサイトを中心にQ&A方式で検証結果やサイトの真実を紹介しています。

「この副業案件は本当に稼げるのか?」、「口コミは信用できますか?」など、ご質問があった内容の検証結果を掲載しています。

また、詐欺、怪しい批評だけでなく、私のLINE内で副業全般に精通する稼げる優良案件も紹介していますので、LINE登録だけでなくお悩み・相談等もお気軽にご質問を頂戴できればと思っております。

 

Hawk Eye(ホークアイ)の調査ではどういったビジネスで稼ぐことができるのか?

そして、利用者の声なども調べてきました。

詐欺なのでは?と不安視されている評価もみられるHawk Eye(ホークアイ)の実態を暴いていきましょう!

Hawk Eye(ホークアイ)の内容と実態を調査

Hawk Eye(ホークアイ)の内容と実態を調査

まずはHawk Eye(ホークアイ)の内容と実態を調査していきます。

Hawk Eye(ホークアイ)が業界最高峰且つ負けないシステムである4つの理由

【理由①】
勝率の高いポイントをピンポイントで見抜く「スカウター機能」

巷に存在するシステムは、たくさんのポジションを持つことで高い利益率を謳っているものが多いですが、そういったシステムはポジションを持ちすぎて含み損が大きくなりやすく、資金が溶けてしまう可能性が非常に高いです。

Hawk Eye(ホークアイ)の「スカウター機能」は、ポジションを持ちすぎず、確実に利益が獲れるポイントのみを狙ってピンポイントにエントリーが入ります。

【理由②】
世の中の情勢に影響を受けず安定的に利益を出す「コンフォート機能」

雇用統計などの指標に対する影響を受けない「コンフォート機能」を搭載しているため、基本的には完全放置でも着実に利益を積み上げていきます。

実際に過去の大統領選など、大きな相場返答により多くのシステムが破綻した際も、Hawk Eye(ホークアイ)は一切システムを止めずに利確しました。

【理由③】
最大ドローダウン10%前後という含み損レベルの圧倒的な低さ

Hawk Eye(ホークアイ)は、損失を極限まで回避する独自ロジックを搭載。

また、ポジションをたくさん持つこともないので含み損が圧倒的に少ないです。

一般的に20%を切っていれば優秀と言われる「最大ドローダウン」も10%前後を維持しております。

※最大ドローダウン:システム運用中に、最大資産から最も大きく下落した時の損失額が、証拠金の最高何%だったのかを表します。

【理由④】
トレーダー自身が一生使い続けるために自ら開発を行ったという事実。

世の中のほとんどの自動売買システムは、一時的に利益は出たとしても、すぐに破綻してしまうようなシステムばかり。

実際にそのようなシステムを使って、資金を溶かしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんなガラクタ同然のシステムはプログラマーに依頼すれば誰でも作れてしまいますし、実際にFXの知識すらない人たちがシステム販売のためだけに、ガラクタのようなシステムを生み出し続けているのです。

バックテストでいい結果を出すために、意図的に過去の相場に最適化をさせた詐欺的なシステムも多数存在しているので、実際に使ってみないとシステムの良し悪しが判断できなというのが現状です。

僕自身もガラクタのようなシステムを使って資金を溶かしてしまった経験がありました。

だからこそ、現役のトレーダーである自分自身が一生使っていけるシステムを作ろうと思い立ち、1000以上のシステムの研究を行い、数多くの検証を繰り返しました。

その結果、リリースまでには長い時間がかかりましたが、これ以上のシステムは存在しないと断言できるシステムを作り上げることができたのです。

タクミ
タクミ
Hawk Eye(ホークアイ)は、上記で紹介したように4つの稼げるポイントがありました。

【理由④】の開発者のコメントに関しては、自身で「ガラクタ同然のシステムはプログラマーに依頼すれば誰でも作れてしまいます」と話していますが、Hawk Eye(ホークアイ)も実際の所、見せ方だけを整えたガラクタの可能性も全然あります。

「512日間無敗」、「毎最高月利28.3%」、「スカウター機能」、「コンフォート機能」など、もっともらしいことを付け加えるだけで、ガラクタのシステムでもユーザーに良質なFX自動売買ツールに見せることはできますので、良い言葉だけで信じれる投資案件と判断しないように。

15名限定98,000円の商材購入費用を求められる⁉

Hawk Eye(ホークアイ)のLINE登録を行ったところ、すぐに「投資適性診断」を受けて下さいという案内が届きました。

「この診断を受けるとAIが自動であなたに合わせた内容を選んでくれます。」とのこと。

タクミ
タクミ
適性診断ですが、「年齢」、「PCを持っているか?」、「どれくらい月収をアップさせたいか?」、「FXの経験があるか?」といった質問だけでしたが、質問の内容だけでは何の適正を診断されたのかは一切わかりませんでした。

そして、何故93点という評価になったのかは一切わかりません。

少しでもFXに向いてますよ!と誘導させるつもりなのかもしれません。

そして、重要なのはこの後!

先着50名限定・完全無料で公開とされていたHawk Eye(ホークアイ)の自動売買システムですが、適性診断で引っかかったせいかのか・・・ていか20万円→15名限定98000円と半額割引価格に変わっていました。

ん?どういう事なんだ?と思いながらも、そもそも、どのページから飛んだとしても、アンケートでどういう答えをしようとも、結局は半額割引の98,000円は支払わなければならない仕組みだったようです。

登録前に無料で公開!と謳っていただけに、結局はお金を払わないといけない誘導に引っかかった自分が恥ずかしい・・・

ということで、Hawk Eye(ホークアイ)のFX自動売買ツールを使用するには、高額の商材購入費用が必要になります。

Hawk Eye(ホークアイ)の特商法に基づく表記を確認

特商法に基づく表記を調査!解説

タクミ
タクミ
Hawk Eye(ホークアイ)には特定商取引法の表記がありました。

販売業者:Hawk Eye Trade

販売責任者:本田 要

メールアドレス:info@kofx-auto.com

所在地:〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-6-3

返金について:データが壊れている等、商品に欠陥がある場合は交換させていただきます。

 

タクミ
タクミ
Hawk Eye(ホークアイ)の特定商取引法の表記に、電話番号の記載がありませんでした。

メールのみでの対応となると問題が起きたときに、運営サイドが不都合の場合は、連絡が取れない可能性がありますので注意が必要です。

さらに、免責事項が用意されていますが、

本サービスの公式ホームページおよび本サービス内で示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証するものではありません。

本サービスに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社としては責任を一切負いかねますので、ご自身の責任において行なわれるようお願いいたします。

512日間無敗の負けないFX自動売買システムですが、運営サイドは大きな保険をかけてきました。

絶対に稼げるという保証・責任を持てないのが明らかです。

Hawk Eye(ホークアイ)│ 詐欺かどうか

Hawk Eye(ホークアイ)に関する記事は結構出てきました。

ただ、悪い評価の記事ばかりが目立っていますので、負けなしのFX自動売買システムではないことが判明しました。2020年からあるシステムのようなので、昨年と全く仕様が変わらない内容には詐欺案件の雰囲気がもの凄い漂っています。

悪評ばかりで良質な口コミは一切見つかりませんでした。

タクミのQ&A

Q:Hawk Eye(ホークアイ)の負けなしFXアプリは信用できる投資ツールになるでしょうか?

タクミのQ&A
タクミ
タクミ
A:Hawk Eye(ホークアイ)のビジネスモデルは、負けないFX自動売買システムと称して、9万8000円を支払わせる仕組みでした。

負けなしといいながらも、わざわざ免責事項まで用意した「保証してくれない」表記や、無料で公開と謳っていた入り口と全く違う高額支払いへの誘導は、危険な副業投資詐欺の可能性が高いので絶対に利用すべきではないでしょう。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

これからの時代はより一層、情報の量ではなく持っている情報の質が高ければ高いほど良いポジションに立てる時代です。

“副業解禁”というワードが世の中に広まり、資産形成、老後問題で悩んでいる方々が行動を起こし始め、「本業より稼ぎたい」、「副業やネットビジネスでお金を増やしたい」という願望を抱く方が一気に増えました。

しかし、そういった方達の思いを逆手に取った悪徳ビジネスが一気に増殖したのも事実です。

「どうやってお金を増やすか?」も重要ですが、「どういう選択をすれば自分のお金を守れりながら資産増を目指せるのか?」という考えを持っていただきたい。

私は皆様に副業詐欺、詐欺ネットビジネスで失敗してほしくない強い思いと同様に、失敗しない稼ぎ方も皆様には確保していただきたいのです。

「悪質業者に騙された経験がある」、「稼ぎたいが何から始めたらいいのでしょうか?」「本当に稼げる情報が欲しい…」などお悩みに関する相談も増えています。

もし現状も悩んでいるのであれば、どんな些細なことでも相談していただければ力になれると思いますので、ぜひ私を頼ってもらえたら幸いです。

タクミのLINEアカウントでは、良質・悪質な副業情報に関する情報共有をはじめ、個人的なお悩みやご相談などのサポート。

そして、成果が出ている投資方法、副業案件の知識、ノウハウも含め、様々な有益情報を配信していますので、ご興味ある方やサポートを受けたいという方はお気軽にご連絡ください。